1年間で新規入会者2倍・月々の売り上げ200万円アップ!テニススクール経営の秘訣とは?

近年、個人・零細企業が経営する会員制テニスクラブやテニススクールの閉鎖や倒産が相次いでいます。

会員制ビジネスの退廃や大手インドアテニススクールの規模拡大によって売り上げが落ち、バブル時代に建てた立派なクラブハウスやテニスコートの改修費用、保証金、借金、固定資産税、地代等の支払いが厳しい状態が続いています。

それぞれのテニスクラブやテニススクールが特色を出して、会員数や売り上げの増加に努めてはいるもののそれが結果に結びつくケースはかなり少ないようです。

僕はこのような状況は起こるべくして起こっていると思います。

テニススクール経営はシンプルだからこそ結果に差が出る!?

コンサルティングをはじめてから多くのテニススクール経営者・テニスクラブオーナーにお会いするようになりました。

・自分が現場に出ないとレッスンが回らないから、経営に集中出来ない!

・スクールを良くしたいという気持ちはあるけど、なにをすれば良いのかわからない!

・いろいろと考えてはいるものの時間がなくて実行できていない!

・やるべきことはわかっているものの、様々な制約があり出来ない!

・ビジョン達成のためにお金を稼ぐはずが、いつの間にかお金稼ぎがビジョンになってしまった!

このようなお悩みを抱えている方が実に多いです。

もしかしたらあなたもこのようなお悩みを抱えているのではないでしょうか?

それならば、ぜひこの機会に「どんなテニススクールをつくりたいのか?」というシンプルな問いをもう一度考え直して欲しいのです。

テニススクール経営はシンプルだからこそ行動したもの勝ちです。

行動を駆り立てる情熱的なビジョンとそれを共有できる仲間がいれば必ず成功するのです。

これがただの精神論だと思うなら、ここであなたとはお別れです。

成功のポイントは「当たり前のことを当たり前に」すること

さて、ここからは実際にここ1年間で取り組んだことをもとにどのようなことをすれば成功できるのか?」を具体的に解説します。

僕はテニススクールの経営は3つの要素で成り立っていると考えています。

1. 集客(対象となる人に効率良くリーチする)

2. コンテンツ(質の高いレッスンやイベントを運営する)

3. システム(わかりやすいシステムを構築する)

まず、成果を上げるための第1歩として対象となる人を効率よく「集客」する必要があります。

テニススクールのある地域に在住もしくは通勤・通学していてテニスをやりたいと思っている人にスクールの存在を知らせ、体験レッスンを受けたいと思ってもらえるような集客の仕組みが必要です。

次に、体験レッスン受講者や在籍するスクール生に対して「質の高いコンテンツ」を提供する必要があります。

宣伝広告や施設にお金をかけられる大手テニススクールとは一味違う質の高いレッスンやイベントは必須です。そのためには、それらを実行できる信頼度の高いコーチングスタッフを集める・育てる必要があるでしょう。

最後に、「わかりやすいシステム」を用意することも欠かすことが出来ません。

レベル分けや料金設定が明瞭でないと、良いレッスンを行っていても即時入会には結びつきにくくなります。後付けをしていくとだんだんわかりにくくなっていくので、一度見直しが必要です。

このように、僕が取り組んできたことはいたってシンプルなのです。

テニススクール経営の実績一例

テニスガーデンレニックス(神奈川県横浜市保土ヶ谷区)

2017年にエグゼクティブアドバイザーとして契約。

2016年4~6月(契約前)と2017年4~6月(契約後)を比較すると…

体験レッスン受講者数 17名 → 56名(3倍)

新規入会者数 8名 → 32名(4倍)

売り上げ(月間)70万円増

※2018年現在もさらに成長を続けています。

 まずは無料で相談する

初回相談は完全無料です!損はしません。

まず取り組むべきはテニススクールの「集客」

2016年の年末、「まずはホームページやブログをきちんとしたものに変えればもっと人が集まるはずです!」とテニスクラブを経営するオーナーに提案したとき、こんな言葉が返ってきました。

「ホームページをみて来たって人はほとんどいないんだよね…。」

今思えばこれまでネット集客で成功を収めたテニスクラブやテニススクールがないので、このような言葉が返ってきたのだと思います。

しかし、僕はホームページやブログを変えれば、成果が出ると確信していました。

なぜなら、既存のWEBサイトの問題点とその解決策が分かっていたからです。

「地域名+テニススクール」等のよく検索されるキーワードで検索されたときに上位表示(1ページ目)されていない!
→ 主要キーワードの検索結果で上位表示されるように検索エンジン最適化という技術を用いてホームページやブログを作成・運営する。

 

テニススクールについて人を惹きつけページではない!

→ クラス分け・レッスン時間帯・料金などの情報を羅列するだけでなく、「このスクールに通いたい!」と思ってもらえる魅力的なページを作る。

 

様々な検索のニーズに対応出来るだけの記事が足りない!

→ ページの随所に検索される可能性の高いキーワードをちりばめるように意識して、定期的にホームページやブログを更新する。

 

スマートフォンやタブレットの画面サイズに対応できていない!

→ PCだけではなくスマホ・タブレットなどの端末にも対応した構造のサイトを運営する。

 

言ってしまえば、このような問題を抱えているテニススクールは、経営において「集客」が効果的に出来ていないと考えた方がいいでしょう。

そして、これらの問題を解決しない限り「コンテンツ」「システム」などの中身のこだわりの価値はゼロに等しいといっても過言ではないでしょう!

誰にも知られていないものは存在していないのと変わりませんからね。

あなたのテニススクールはきちんと当たり前のことができますか?

もちろん、僕があなたのテニススクールのアドバイザーになれば必ず経営が良くなるとは言えません。

なぜなら、僕が出来るのは実績と経験に基づいたアドバイスであり、それを実行するのはあなたとその仲間であるコーチだからです。

これまではお問い合わせ頂いたすべてのテニススクールのご相談に乗りましたが、これからはこちらも精査したうえでコンサルティングを行いたいと考えております。

「やります!」という口だけの方はもういりません。

短期間で成果をあげるためためには具体的に行動するしかありません。

本当にやる方、ビジョンのある方だけをサポートしていきたいと思います。

それだけの覚悟があるなら、ご連絡下さい。

まずは無料相談を行い、事業計画や契約内容のご提案を致します。その内容に納得して頂けるようであれば、正式にアドバイザー契約をさせていただきます。

ページ下部のフォームから無料相談をお申し込みください。

 無料相談を予約する

まずは1度話を聞いてみませんか?損はさせません!

テニススクール経営コンサルティングの詳しい流れ

無料相談のお問合せ(いくつかの質問事項に答えて頂き、日程調整を行います。)

 無料相談当日(どのようなプランで経営改善を目指すのか、具体的な計画を共有致します。)

契約内容に応じて集客・経営のアドバイスを行います。

1年間で経営状態の改善を目指します。(月1回程度はお会いして戦略の変更や進捗を確認します。)

1年後、テニススクール経営を軌道に乗せます。

テニススクールコンサルティングに関するよくある質問

実際に誰がどのような形でコンサルティングを行うのでしょうか?

高田衛が実際に無料相談からコンサルティングまでの全行程を行います。実際にテニススクール運営を行っているため、他事業者にはマネできない具体的な戦略を練ることが出来ます。

無料相談後はどのような流れになりますか?

まず、無料相談のお問い合わせのときに回答して頂いた質問をもとに、こちらから事業計画などをご提案致します。その後は、対面もしくはメール・Skype等で話し合いを重ね、内容に納得して頂いた上で正式に契約をさせていただきます。

地方のテニススクールでもコンサルティングを受けることは可能ですか?

はい。可能な限り一度は現場の様子を拝見させて頂きますが、メール・Skypeを中心にコンサルティングすることも可能です。

どのくらいの期間で成果が見込めますか?

地域や競合するテニススクールによって成果の出る期間は変わります。経験則としては、3ヶ月から1年あればそれなりの成果が出ると考えています。

料金等はどのような契約形態になるのでしょうか?

現在は歩合制もしくは固定制で無理のないようにコンサルティングフィーを頂いております。あなたのテニススクールの経営状態をみて、契約形態を決めさせて頂きます。

無料相談予約・お問合せフォーム

無料相談やお問い合わせで料金が発生することは一切ございません。

少しでも興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

お問合せの際の注意事項

・テニススクール/クラブ名(現在のホームページURL)を必ずご記入下さい。

・「テニススクールのビジョン」、「テニススクール経営における課題」を必ずご記入ください。

・お問い合わせフォーム内の項目は正確に詳しく記入して下さい。

・パソコンメールもしくはフリーメール(Google等)をご登録下さい。携帯メールの場合は、「info@takadamamoru.com」の受信設定を行って下さい。

・3営業日以内に返信がない場合は、迷惑メールフォルダや受信設定を確認の上、もう一度お問合せ下さい。

お名前
ふりがな
メールアドレス
メールアドレス(確認)
所在地域
電話番号
用件
内容
送信

コメントは受け付けていません。